六道の辻

つらつらと日々のことだとか東方のことだとかたまにssなんかも乗せている、そんな場所。フリーダム更新。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.11.19[木] 『素敵な宝物が詰まった家』

>実は俺「魔理霖を読まないと死んでしまう病」なんだ… 魔理霖、書いてくれますね…?
私が魔理霖を書くには……死ぬしか方法がない……ッッ!




森近霖之助が彼女の家につくと、まずあまり広くない部屋に通された。
違和感。彼の記憶が正しければ去年の夏に訪れた時はもっと広かったはずだ。
南側の壁に置かれていた本棚も見えない。

「さて、魔理沙」
「おう、なんだ、香霖」
「僕は『足の踏み場も無い』という形容を今日人生で始めて実体験を持って知ることができたわけだが、何か弁明は?」
「あっはっは……いや、なんだ、最近忙しくてな、つい」

からからと魔理沙が笑う。
霖之助はため息をつきながら、『がらくたを引き取る』という目的が早々に『大掃除』へと取って代わったことを嘆くのだった。

スポンサーサイト

2009.10.13[火] 『咲かせて見せよう』

ss(ショートショート)
だらだらと3連休を消化してしまったい。





霖之助がだらだらと朝起きて、店を開けると軒先にぼろぼろなチルノが転がっていた。
地面に伏せったまま妖精がうめき声を上げた。

「うう、また白くて黒いやつに負けたぁ」
「で、また僕に服を直せ、と?」
「…………お願いします」
「……ほら、中にお入り」

2009.08.27[木] 隠居

なんとなく世間から離れて人の目から逃げたくなる時ってありますよね。
特にこういう時とか(ぉ
とりあえずいつも誰これssおいときますね(ぇ




『大至急来ラレタシ 霧雨』

森近霖之助は、そんな電報を人間の里へ新聞を配りに行った帰りだという射命丸文から受け取った。
電報を渡しながら「そういえばなんだか人も集まっていましたよ」と彼女は付け足した。
それを聞いた霖之助は、そういえば霧雨の大旦那は随分な年だったことを思い出して、はっと顔から血の気が引いた。
まさか、とすぐさま自分の思い付きを否定するが、漠然とした不安が以前と彼の胸を圧迫している。
霖之助は文に「どうもありがとう」と短く礼を言うとさっそく荷物を持って、店の戸締りをすると『本日休業』の看板を扉に掛け、急ぎ里へ向かっていったのだった。

2009.07.16[木] 取り残されて。

笑える話が笑える要素が欠落した話に物質変化する時は決まって作業が遅くなります。
実はとある時事ネタが元なんですが、やっぱり時事ネタの運命通り出来上がった今となってはすっかり過去の出来事過ぎて誰もそれだとは思えないものに。
あと非常に嘘解釈。



森近霖之助は今日、人里に来ていた。
白黒の結びきりした封筒を懐に仕舞った彼の足は迷うことなく人里を進む。
里に入る前までは魔理沙も付いてきていたのだが、いつの間にか霖之助の側からいなくなっていた。
しかし、彼女の行き先に大体の見当がついているので、霖之助は特に気にした風な様子ではなかった。
歩く彼の前に木製の立派な看板を掲げた店が見えてきた。
看板には達筆な字で店の名前が書かれていた。「霧雨道具店」と。

2009.05.28[木] なんでもない

ショートショートしかないぞよ。
謎のスパゲティ話。蕎麦に触発されて。



プロフィール

芦桐次蔵

Author:芦桐次蔵
名前は「あしきりじぞう」と読む。
最近自分が変態であることを認めたらしい。

のらりくらりと毎日を生きてる。
熱しやすく冷めやすい面倒くさがり。
良く食べるが体重の増減がしないタイプ。
まとまりがないことで一部では有名。
執筆速度:2kb/h
             
東方とか秋刀魚が好き。
霖之助がお気に入り。
いつも何か面白い小説を探してる。
弱点はロミオの青い空。
たまに食べられてる。

●ここにある全ての文章、及び絵の著作権は芦桐次蔵にあります。無断で転載・転用はしないようにお願いします。もし、使用する場合は一言web拍手でも良いので一報ください。
●メールは「dekasegimaruあっとまーくhotmail.co.jp」のあとまーくを@に直して送ってください。おおっぴらには言えない苦情などを受け付けています。
●リンクは敬称略。大体が五十音順となっております。
●東方ssが読みたいならカテゴリ「お品書き」からどうぞ。
●リンクフリー。ご自由にどうぞ。特に報告もいりません。

↓web拍手とか




※コメの語尾に@を3つ付けて送るとレス不要となります。個人的な文句なんかでどうぞ。

ブログ内検索
星が見える名言集100
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。